ZMP、警備ロボットに消毒液散布機能を追加

2020/4/10 12:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロボット開発のZMP(東京・文京)は、室内外で自動走行する車椅子大の警備ロボットに消毒液の散布機能を付けた製品を開発した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて急きょ商品化した。スーパーなどの店舗やオフィスビルの管理会社、病院、空港などに売り込む。

開発したロボット「PATORO(パトロ)」はレーザー光で対象物までの距離を測定する「3Dライダー」の技術を使った。あらかじめ設定した屋内経路を自動で巡…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]