原油大減産、米国に近づくOPECの賭け
編集委員 松尾博文

松尾 博文
Nikkei Views
編集委員
2020/4/10 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビアを中心とする石油輸出国機構(OPEC)と、ロシアなどOPECに加盟しない産油国が9日、日量1000万バレルの減産で合意した。世界の供給の10%に相当するかつてない減産規模もさることながら、この枠組みの外の米国やブラジルなど、20カ国・地域(G20)に500万バレルの減産協力を求める行動は、生産カルテルとしてのOPECの限界と変質を映し出す。

新型コロナウイルスの感染拡大による原油需…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]