/

この記事は会員限定です

羊肉、新型コロナでも高値 中国需要増、豪州は供給減

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる外食需要の減退で輸入食肉の多くが値下がりする中、羊肉の輸入価格が高止まりしている。1~2月は前年同期比1割高く最高値圏にある。中国の需要が拡大する一方、主産地オーストラリアで供給が減少し需給が逼迫しているためだ。中長期的な構造要因が強く、新型コロナでも値下がりの兆しは見られない。当面、高値が続きそうだ。

国内で消費される羊肉のほとんどが輸入で、うち9割以上を豪州とニュージー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン