/

新型コロナで安保理初会合 米中に溝

安保理は現在オンラインで会合を開催している=国連提供

【ニューヨーク=吉田圭織】国連の安全保障理事会は9日、新型コロナウイルスを巡る会合としては初の非公開会合を開催した。コロナ問題についての安保理会合は米中がウイルスの感染源を巡る対立で開催が遅れていた。安保理は会合後に出した報道発表で「新型コロナの影響を受ける可能性がある紛争地での活動を支持する」としたが、安保理としての対策には触れなかった。

会合は非常任理事国の9カ国が要請し、中国の要求で非公式で開かれた。現在フランスとチュニジアがコロナを巡る決議案を提案しているが、今回の会合では協議されなかった。

新型コロナを巡って中国と対立している米国のクラフト大使は中国を名指しせず「早期の情報共有が必要」との発言にとどめた。

国連のグテレス事務総長もオンラインで開かれた会合に出席し、新型コロナで国連が仲介している和平交渉や紛争地の人道状況に影響が出ていることを語り、「平和と安全保障への影響を抑えるのに安保理の団結が重要になる」と協力を呼びかけた。グテレス氏は3月に世界中に呼びかけた停戦の支持も改めて求めた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン