苦闘がんゲノム医療、恩恵は千人に1人、定着へ正念場

2020/4/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

遺伝子の変化を調べて一人ひとりの患者に最適な治療法を探す「がんゲノム医療」。がん対策の切り札として、2019年6月に公的保険の下で始まった。だが検査を経て治療に至るのは全患者の千人に1人だけ。専門性が高い医師らの不足で、開始から半年がたっても4割の病院が検査を始められないなど、課題が浮き彫りになっている。次世代の医療として定着できるか。

19年12月、厚生労働省の専門家会議で、ある資料が配られた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]