/

NYダウ続伸、285ドル高 FRBの資金供給を好感

(更新)

【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比285ドル80セント高の2万3719ドル37セントで終えた。上げ幅は500ドルを超え、2万4000ドルを上回る場面もあった。米連邦準備理事会(FRB)が企業向けの新たな資金供給策を発表し、米景気の支えになるとの期待が買いを誘った。パウエルFRB議長が長期間の金融緩和の継続を示唆したのも投資家心理の改善につながった。

FRBは9日朝、企業や家計を支援するための最大2兆3000億ドル(約250兆円)の新たな資金供給策を発表した。従業員1万人以下の企業に民間銀行を通じて6000億ドルを融資するほか、7500億ドルの枠を設けて大企業の社債も買い取る。企業の信用不安が改善するとの見方が広がった。

パウエルFRB議長は9日午前、ネット配信の講演で、景気回復を確信するまで「力強く、積極的に(政策ツールを)行使する」と述べた。ゼロ金利政策については「経済が困難を乗り切り、雇用最大化と物価安定という目標に向けた軌道に乗るまで続ける」と主張した。金融緩和が長期間続くと受け止められ、株の買い安心感につながった。

FRBの金融緩和を好感しJPモルガン・チェースやシティグループなど銀行株が大幅上昇した。昨秋に始めた動画配信サービスの視聴者数が大きく増えた映画・娯楽のウォルト・ディズニーも高い。一方、原油先物相場が下落し、石油のエクソンモービルやシェブロンは売られた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン