米Zoomの課題を浮き彫りにした「コロナ難民」2億人

2020/4/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ビデオ会議「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズに専門家やユーザーからプライバシーや安全性を巡る指摘が相次いでいる。新型コロナウイルスのまん延に伴う在宅勤務の拡大で、利用者が20倍の2億人に急増した。想定外とも言える利用者の多さにより、これまで目立たなかった課題があらわになった。同社は対策に集中するとしており、新興企業から脱皮できるか試されている。

「プライバシー保護やセキ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]