在宅原則、電車よりマイカー… 関西企業が事業継続に苦心

2020/4/9 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、関西の主要企業が在宅勤務の拡大などの対応を加速させている。拠点の閉鎖に加え、一部でマイカー通勤を容認する動きも出てきた。かつてない事態を乗り越えるため、感染拡大防止と事業継続を「両立」させる工夫が求められている。

「安定かつ適切な供給のため必要な措置を講じる」。緊急事態宣言から一夜明けた8日朝、大阪ガスの本荘武宏社長は幹部向けに一斉メールを送…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]