/

この記事は会員限定です

米助言会社、積水ハウスの会長人事に反対推奨

[有料会員限定]

米議決権行使助言会社のグラスルイスが、積水ハウスの阿部俊則会長ら4人の取締役選任議案への反対を推奨していることが9日分かった。マンション用地の詐欺事件を巡る情報開示の姿勢や内部統制の弱さなどを理由に挙げた。一方、前会長の和田勇氏の株主提案については同氏らの取締役選任に賛成した。株主総会は23日に開かれる。

積水ハウスは株主総会で、取締役12人の選任議案を提出する予定だ。グラスルイスは阿部会長、仲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン