日本最大の淡水魚アカメ 釣り人魅了する巨体
海と水辺の散歩

2020/4/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

淡水の巨大魚と聞けば、イメージするのはおおむね海外の魚であろう。ナイルパーチ、ピラルクー、メコンオオナマズなど、世界に目を向ければ100キログラムを優に超す巨大淡水魚が今なお多数息づいている。

在来種で日本最大の淡水魚は、九州と四国に生息するアカメ。最大30キログラム以上に成長する、希少種だ。

アカメに次いで大きくなるのは、北海道の川や湖沼に生息するイトウ(以前は青森県内にも分布していた)。1メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]