成田山新勝寺、一部除きお堂閉鎖 僧侶ら自宅待機も

2020/4/9 19:02
保存
共有
印刷
その他

成田山新勝寺(千葉県成田市)は9日から大本堂など一部を除き、ほとんどのお堂を閉鎖した。僧侶や職員も最小限に抑える。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた国の緊急事態宣言により、県が外出自粛を要請したことから、参拝者の安全に配慮した。

成田山新勝寺の大本堂(千葉県成田市)

本尊を置く大本堂と交通安全祈祷(きとう)殿以外を閉鎖した。祈祷などは僧侶を減らし、参加者に離れて座ってもらうなどやり方を見直す。約240人いる僧侶や職員の8割ほどを自宅待機とした。緊急事態宣言の期限である5月6日まで継続する予定だ。

成田山新勝寺は年間約1千万人が参拝する。4月以降は多くの行事や体験修行の受け入れを中止・延期している。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんによる「十三代目市川團十郎白猿」の「襲名奉告参拝」も25日に予定されていたが、延期となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]