/

イッセー尾形、文学題材の一人芝居

「今回のネタはすべて大阪でおろしたもの」と大阪への思い入れを語るイッセー尾形

イッセー尾形が5月27~31日、文学の名作を題材にした一人芝居を近鉄アート館(大阪市)で上演する。サルトル「嘔吐(おうと)」などを基にした既発表の5本に村上春樹や谷崎潤一郎、カズオ・イシグロらの影響を受けたという新作を日替わりで披露。「長い時間をかけてお客さんとの関係を作ってきて、面白くなければそれがそのまま返ってくるスリリングな場所。いつも新ネタをおろす大切な劇場」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン