新型コロナ、北陸の小売企業に明暗 大和は苦戦

2020/4/9 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、北陸の小売企業の業績に差が出ている。百貨店の大和は買い物客の減少で販売が大きく落ちこんでおり、2021年2月期の業績予想を算出できずに発表を見送った。一方、ドラッグストアやスーパーは外出自粛の広がりを背景に好調。自宅で消費する食品や生活用品などが売れている。

大和が9日発表した20年2月期の連結営業利益は4億200万円と、前の期比7%増えた。赤字だった高岡店(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]