花王、消毒液生産を20倍に サントリーも原料生産へ

2020/4/9 17:35
保存
共有
印刷
その他

花王は9日、新型コロナウイルスの拡大で品薄状態が続く消毒液の生産能力を20倍超に引き上げると発表した。4月下旬から和歌山市などの国内4工場で新たに生産を始める。病院や介護施設向けを増産後に家庭用を拡大。海外でもドイツで生産を始め、医療施設に無償提供する。サントリーホールディングス(HD)も原料のアルコールの国内生産を検討する。品薄解消が前進しそうだ。

花王は和歌山工場などで消毒液の生産を新たに始める

容器不足も品薄の一因のため、花王は業務用容器や詰め替え用の生産にも乗り出した。消毒液を平時比で2月に2倍、3月に3倍に増産したが品薄は解消していない。

サントリーHDは既に米国で消毒液と原料のアルコール、スペインでもアルコールの生産を始めている。国内もアルコールの供給時期を詰める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]