/

竹内製作所の純利益32%減の61億円、今期 新型コロナ響く

小型建設機械の竹内製作所は9日、2021年2月期の連結純利益が前期比32%減の61億円になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、主力市場の欧米で建機の販売が落ち込む。

売上高は935億円と、19%減る見通し。新型コロナが欧米で5月下旬ごろから終息に向かうことを前提に、グループ全体の年間販売台数は20%減を予想する。地域別売上高は北米が17%減の443億円、欧州が24%減の459億円を見込む。想定為替レートは1ドル=108円、1ユーロ=118円で、それぞれ1円強と3円強の円高を計画する。

同日発表した20年2月期の連結決算は売上高が前の期比5%増の1159億円、純利益が20%減の90億円だった。19年の台風19号によるサプライチェーンの被災で、部品調達などのコストがかさんだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません