9/25 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ、続落で始まる 米景気懸念やハイテク株売り
  2. 2位: 米株安横目、粘る日本株 「3低」バネに伸びしろ期待[有料会員限定]
  3. 3位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  4. 4位: 「オフィス解約、ほとんどない」東急不HD・西川弘典社長[有料会員限定]
  5. 5位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

業績ニュース

USMH 今期純利益28%増、外出自粛でまとめ買い需要

2020/4/9 20:30
保存
共有
印刷
その他

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスは9日、2021年2月期の連結純利益が前期比28%増の21億円になりそうだと発表した。台風で店舗休業が相次いだ前期からの反動増が大きい。新型コロナウイルスの感染拡大による足元の客数増などは織り込みつつも、外出自粛要請などを踏まえ「下振れ要素もありうる」としている。

売上高にあたる営業収益は1%増の7020億円を見込む。新型コロナの影響による食料品、日用品需要が大きく、3月の既存店売上高は前年同月比8%伸びた。客数が1%増に対して客単価は7%増えており、外出自粛を受けてまとめ買いの需要が増えているようだ。

足元の事業環境は好転しているものの、食品ではドラッグストアとの競合や、ネット通販の拡大などで競争環境は激化する見込み。まとめ買いの需要が一巡した場合は売り上げ減の可能性もあり「プラス・マイナスどちらになるか判断が難しい」としている。

同日発表した20年2月期連結決算は、純利益が前の期比69%減の16億円だった。天候不順による販売減に加え、店舗閉鎖や不採算店の減損損失約52億円を計上したことも響いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム