関西の鉄道各社、観光列車運休の動き

2020/4/9 17:09
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、関西の鉄道各社で観光列車を運休する動きが相次いでいる。阪急電鉄は11日から5月6日まで「京とれいん」や「京とれいん 雅洛」を運休する。どちらも大阪と京都を結ぶ観光列車で土日や祝日に運転予定だった。JR西日本も長距離列車「ウエストエクスプレス銀河」について、5月8日の運行開始を当面取りやめる。

JR西子会社の嵯峨野観光鉄道(京都市)は8日から5月6日まで全便を運休する。

鉄道各社は9日時点で通常列車の減便や運休には踏み切っていないが、緊急事態宣言の発令で需要減が予想されるため、観光列車の運休に踏み切る。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]