コロナ禍で広がる「日本化」現象 山川哲史氏
バークレイズ証券調査部長

エコノミスト360°視点
2020/4/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大に対しては、不確実性が極めて高いだけに適切な政策処方箋を描きにくい状況が続いている。この間金融市場は、リスク量圧縮に伴うポジション解消に始まり、ドル現金を中心とした極端な安全資産選好を含む「流動性の呪い」とでも称すべき局面へと至った。その後、主要中央銀行による未曽有の流動性供給強化を契機に市場が正常化へと向かうにつれ、焦点はようやく経済ファンダメンタルズへと移行しつつあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]