/

この記事は会員限定です

大手行、定期金利4年ぶり下げ 年0.002%に

[有料会員限定]

大手銀行が定期預金の金利を相次ぎ引き下げている。三井住友銀行が1日に年0.01%から0.002%に下げると、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行が追随した。100万円預けても利息は年20円にしかならない。マイナス金利政策の長期化で銀行が預金を集める必要性は薄れており、預金者の運用難に拍車がかかっている。

大手行による定期金利の引き下げは、日銀がマイナス金利政策を始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン