TKPが三井住友銀から100億円調達枠 新型コロナで

2020/4/9 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

貸会議室大手のティーケーピー(TKP)は三井住友銀行から100億円が上限の資金調達枠を確保する。新型コロナウイルスの感染拡大で貸会議室などの需要が鈍るなか、資金繰りのリスクに備える。すでにみずほ銀行とも50億円の枠内で借り入れが可能なコミットメントライン契約を結んでおり、合計150億円の調達にめどをつける。

10日に三井住友銀と特殊当座借り越し契約を結んで調達…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]