/

この記事は会員限定です

血管作製装置など再生医療 渋谷工業、第2の収益源に

[有料会員限定]

飲料の充填装置(ボトリングシステム)などの渋谷工業が再生医療事業の収益化を急いでいる。人工血管の作製装置を使った臨床研究が進んでいるほか、骨髄細胞の培養装置は近く臨床試験(治験)に入る。医療機関などに販売して5年以内に同事業の黒字化を目指す。ボトリング・包装システム事業に次ぐ第2の経営の柱に育てる。

佐賀大学などが5月以降、人工透析を受けている患者に渋谷工業のバイオ3Dプリンターでつくった人工血管...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン