血管作製装置など再生医療 渋谷工業、第2の収益源に

2020/4/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲料の充填装置(ボトリングシステム)などの渋谷工業が再生医療事業の収益化を急いでいる。人工血管の作製装置を使った臨床研究が進んでいるほか、骨髄細胞の培養装置は近く臨床試験(治験)に入る。医療機関などに販売して5年以内に同事業の黒字化を目指す。ボトリング・包装システム事業に次ぐ第2の経営の柱に育てる。

佐賀大学などが5月以降、人工透析を受けている患者に渋谷工業のバイオ3Dプリンターでつくった人工血…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]