/

この記事は会員限定です

100年前、感染リスクを軽んじた欧州の教訓

Global Economics Trends 欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本政府は緊急事態宣言を発した。ただ外出禁止や店舗閉鎖にまで踏み切った欧州に比べて「制限が緩い」との指摘は多い。なぜ欧州は景気悪化を覚悟して厳しい規制を設けたのか。100年前のスペイン風邪で感染リスクを過小評価し、多くの犠牲者を出したことが教訓になっている。

当初は対岸の火事

当初、新型コロナは欧州にとって対岸の火事だった。ドイツやイタリアでは1月から感染者がみつかっていたが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン