米、感染者と接触でも勤務可能に 食料品など職種限定
マスク着用など条件

2020/4/9 12:24
保存
共有
印刷
その他

CDCのレッドフィールド所長は勤務する場合でも細心の注意を払うよう求めた=AP

CDCのレッドフィールド所長は勤務する場合でも細心の注意を払うよう求めた=AP

【ワシントン=鳳山太成】米疾病対策センター(CDC)は8日、食料品店や警察など市民生活に不可欠な職種に限り、新型コロナウイルスの感染者と接触した人でも無症状なら勤務を認める新たな指針を発表した。これまでは自宅待機を求めてきたが、マスクの着用などを条件に指針を緩める。感染者が増える中、社会活動の継続に支障が出ないようにする。

家族がコロナに感染したり、感染者と6フィート(約1.8メートル)以内に近づいたりした人でも、無症状であれば勤務を認める。(1)職場に入る前に体温を計る(2)雇用者の監督下で症状の有無を定期的に確認(3)接触後、14日間はマスク着用――などを条件に挙げた。症状が出れば、ただちに帰宅する。

CDCのレッドフィールド所長は8日の記者会見で「重要な産業で人手不足が起きないようにする必要がある」と指針見直しの狙いを説明した。連邦・地方政府は全国民に在宅勤務を求めているが警察、食料品、通信、運輸など社会インフラを担う人たちは対象外として勤務を認めている。

これまでCDCは新型コロナの感染拡大を抑えるため、感染者と接触した人は原則、14日間待機するよう求めてきた。米国内の感染者数が膨らむなか、従来の指針では無症状でも勤務できない人が一段と増え続ける可能性があった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]