/

3月の投信運用、4年9カ月ぶりに全分類がマイナス

3月の投資信託の運用成績は、すべての分類がマイナスのリターンだった。全15分類がマイナスになるのは、2015年6月以来、4年9カ月ぶり。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、金融市場が大荒れの展開となった。

投資対象資産の分類別にパフォーマンス(分配金再投資ベース)を見ると、「新興国株式型」「国内REIT(不動産投資信託)型」「海外REIT型」「コモディティ(商品)型」が20%超のマイナスになった。

2020年1~3月の投資信託の運用成績でも全15分類がマイナスになった。四半期ベースですべての分類がマイナスになるのは、リーマン・ショックの影響を受けた08年7~9月以来46四半期ぶり。

(QUICK資産運用研究所 笹倉友香子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン