メキシコ、政府と経済界の摩擦強まる

2020/4/9 7:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコで政府と経済界の摩擦が強まっている。ロペスオブラドール大統領は企業による労働者の解雇を批判し、経済界は公共投資の拡大などがなければ、同国の2020年の実質経済成長率はマイナス10%に落ち込むとの試算を示した。新型コロナウイルスの感染が広まる中、民間企業向けの政府の対策は乏しく、ビジネス界の危機感は強まっている。

メキシコ政府は8日、3月13日から4月6日までで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]