ネットフリックス、心のケアの新番組 外出制限中の若者向け

2020/4/9 7:02
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米動画配信大手のネットフリックスは8日、若者のメンタルヘルス管理に焦点を当てた新たな情報番組を始めると発表した。同社が制作する人気ドラマに出演する俳優らを起用し、無料の写真・動画共有アプリを使ってライブ配信する。新型コロナウイルスの感染拡大で全米規模の外出制限が長引いており、新番組を心身のストレスの解消に役立ててもらうねらいだ。

ネットフリックスは若者向けにメンタルヘルス管理の情報番組を始める=AP

9日に始める新番組の名称は「WANNA TALK ABOUT IT」。ネットフリックスの人気SFシリーズ「ストレンジャー・シングス」に出演するケイレブ・マクラフリン氏らが出演し、メンタルヘルスの専門家とパンデミックへの不安や不眠への対処法などについて話し合うという。

新番組はネットフリックスの有料の動画配信サービスではなく、米フェイスブック傘下の写真・動画共有アプリ「インスタグラム」を通じて毎週木曜夕に無料でライブ配信する。同アプリのコメント投稿機能を使って視聴者からの質問を受け付けることで、双方向型のコンテンツとする考えだ。

米ネット大手ではフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)もホワイトハウスのアドバイザーを務めるファウチ米国立アレルギー感染症研究所長らとの対談動画を自社のSNS(交流サイト)上で配信するなど、新型コロナに関する情報提供に力を入れている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]