「M&A停止もリストラ案件増」米投資銀創業者モーリス氏

2020/4/9 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が世界の金融市場を揺らしている。M&A(合併・買収)への影響も避けられない情勢だ。ウォール街のベテランバンカーで独立系の米投資銀行モーリス・アンド・カンパニー創業者、ケン・モーリス氏は事業や財務の再構築といったリストラ案件で助言のニーズが急増していると明らかにした。主なやりとりは以下の通り。

――新型コロナの感染拡大がM&A(合併・買収)市場に与える影響をどう見ますか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]