/

EUへの渡航禁止、5月15日まで延長 欧州委提案

EUは域内への渡航を制限している(フランスのオルリー空港)=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は8日、EU域内への不要不急な移動を原則禁止する措置を5月15日まで延長するよう加盟国に提案したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の阻止に向けた対応はなお途上だとして、加盟国が一致して対応するよう促した。

欧州委のシナス副委員長は声明で「ウイルスの拡散リスクを減らすために必要な措置だ」と理解を求めた。アイルランドを除くEU加盟国に加え、欧州内の移動の自由を定めたシェンゲン協定に参加するEU非加盟のノルウェーやスイスなどが含まれる。

欧州委は3月16日、域内への渡航を30日間禁止する措置を発表した。加盟国はこれに基づいて、長期滞在する人たちや医師や看護師といった職業を除いて、旅行や出張など不要不急な移動を制限している。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン