愛知、独自の緊急事態宣言へ あす午後に知事表明

2020/4/9 1:03 (2020/4/9 10:16更新)
保存
共有
印刷
その他

記者会見する愛知県の大村知事(9日、愛知県庁)

記者会見する愛知県の大村知事(9日、愛知県庁)

愛知県の大村秀章知事は9日に記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、10日午後に県独自の緊急事態宣言を出す考えを明らかにした。「不要不急の外出は自粛をお願いしたい」と述べた。期間は政府が特別措置法に基づき7日に発令した緊急事態宣言と同様に5月6日までとしている。

県内の感染者数が急増し、経路不明者の割合も高まっているためという。併せて、政府の宣言の対象地域に同県を加えるよう国に要請したことも発表した。

菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、愛知県を宣言の対象地域に追加するかに関して「感染状況を踏まえ、専門家の意見を聞かなければならない」と述べた。

愛知県の8日時点の感染者数は279人。このうち経路不明の感染者数は計61人で、1日以降だけで30人以上増えた。

愛知県など緊急事態宣言の対象に含まれなかった地域に首都圏や大阪から学生らが帰省する動きに懸念が広がっており、名古屋市の河村たかし市長は、宣言の対象に加えるよう政府に働きかけを求める要望書を8日に愛知県宛てに出していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]