新興国、資金流出「第2波」 消えぬリスク
金融政策・市場エディター 大塚節雄

2020/4/9 5:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大に伴う新興国への懸念が強まっている。2020年3月は新興国・地域の株式や債券の市場から域外マネーが9兆円規模で流出し、リーマン危機時を上回った。足元では市場の極端な混乱は収まる兆しもあるが、中国以外の新興国には今後、急激な感染拡大が懸念される国も多い。巨額の財政支出や利下げを迫られ、資金流出の「第2波」を誘発するリスクも否定できない。

国際金融協会(IIF)によると、3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]