営業継続か自主休業か、関西の商店主ら苦渋の判断

2020/4/8 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大防止で政府が7都府県に緊急事態宣言を発令して一夜明けた8日、関西の商店主や観光施設では営業か休業かの判断が分かれた。従業員に給与を支払うため営業を続ける店も多いが、客の減少で自主休業を選ぶ店も増えつつある。大阪府は現時点で民間事業者に休業を要請しておらず、外出自粛の長期化で難しい判断を迫られる経営者らの不安が増している。

日本一長い商店街として有名な天神橋筋商店街(大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]