2020年度都道府県当初予算1.6%増 災害対策に力

2020/4/10 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

都道府県の2020年度当初予算を調査・集計したところ、知事選で骨格予算となった熊本県を除く46都道府県の一般会計総額は19年度比1.6%増の52兆2700億円となった。歳出では、19年秋の台風被害などを踏まえ災害対策を拡充。会計年度任用職員の導入で増加が予想された人件費は業務見直しなどで0.4%増にとどまった。歳入は、消費増税に伴う地方消費税の大幅増を見込む。新型コロナウイルスのまん延で、多くの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]