「3密」回避へ 福岡でソーシャル・ディスタンシング

2020/4/8 20:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緊急事態宣言が発令された福岡県で、新型コロナウイルスへの感染を防ぐため、密閉・密集・密接の「3密」を避ける取り組みが本格化している。区役所では来庁者に臨時の待機場所を設けるなどして、互いに一定の距離を空けてもらう活動が始まった。欧米で「ソーシャル・ディスタンシング」(社会的距離)と呼ばれる対策で民間にも広がりそうだ。

福岡市博多区役所は6日から、庁舎3階の会議室に来庁者向けの「臨時待合スペース」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]