経路不明の感染者、愛知で大幅増 県警で新クラスター

2020/4/8 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の対象に含まれなかった愛知県で、感染経路が不明な感染者がこの1週間で大幅に増えている。県警で新たなクラスター(感染者集団)も発生し、警察官約110人が自宅待機になった。予断を許さない状況に、大村秀章知事は対象への追加について「今後の推移では当然考えられる」と危機感を示している。

県などのまとめによると、7日、県内で10~80代の男女21人の新型コロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日経クロストレンド