5/26 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 神戸製鋼所、高シェアでも「金のならない木」の悩み[有料会員限定]
  2. 2位: 三陽商会きょう総会 バーバリー後5年、再生策どう判断[有料会員限定]
  3. 3位: 不確かな未来と向き合う コロナに揺らがぬ投資術[有料会員限定]
  4. 4位: 「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナ、株主第一主義に変化」日本取引所の清田CEO[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,742,684億円
  • 東証2部 63,131億円
  • ジャスダック 89,827億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率17.07倍25.93倍
株式益回り5.85%3.85%
配当利回り2.12% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,084.29 +342.64
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,030 +210

[PR]

スクランブル

フォローする

「オイルの波乱」再来懸念 政府系ファンド、世界で25兆円売りも
証券部 武田健太郎

2020/4/8 18:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産油国の政府系ファンド(SWF)による投資縮小のリスクが顕在化してきた。足元の原油価格では中東の主な産油国の財政が大幅赤字となりかねず、各国とも株式の売却に乗り出したようだ。株式市場は落ち着きを取り戻したかにみえるが、9日に予定される減産協議が不調に終われば、オイルマネーの流出で株式相場が再び調整するリスクもくすぶる。

政府の緊急事態宣言から一夜明け、8日の日経平均株価は4営業日続伸した。波乱相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム