/

岩手知事「7都府県の人、他地域と往来控えて」

岩手県は8日、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を防ぐために政府が東京など7都府県に緊急事態宣言を発令したことを受けて対策会議を開き、達増拓也知事が緊急事態宣言の対象となった地域の住民に「他地域への往来を控えるようにお願いしたい」と来県自粛を呼びかけた。県内の感染者はゼロが続いており、県民にも7都府県への不要不急の往来を控えるよう要請した。

マスク姿で7都府県の住民らに他地域との往来自粛を呼びかける達増拓也知事(8日、岩手県庁)

知事はさらに「『換気の悪い密閉空間』や『人が密集している』、『近距離での会話や発声が行われる』という3つの条件が重なる場という、いわゆる『3つの密』を避けることが大切」と強調。「普段以上に手洗いや咳(せき)エチケットなどの基本的な感染症対策をぜひ守ってほしい」と重ねて呼びかけた。

県医療政策室によると、同室や県内の保健所に設置した帰国者・接触者相談センターに、2月8日から4月6日までに寄せられた相談は2728件。4月8日午前6時時点で民間分とあわせて122件のPCR検査を実施したが、全て陰性だったという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン