ニトリ、首都圏や大阪の67店休業 8日以降

2020/4/8 17:03
保存
共有
印刷
その他

家具販売大手ニトリホールディングスは8日、運営する「ニトリ」31店と雑貨に特化した小型店「デコホーム」36店を休業すると発表した。首都圏と大阪府、兵庫県の店舗を中心に計67店舗になる。多くは商業施設や百貨店内にある店舗で、今回の対応は、政府の緊急事態宣言の対象都府県内にある。

同社は国内にニトリとデコホーム合計で550店舗程度を展開している。再開時期は入居する施設の再開時期による。多くは5月7日の営業再開を予定しているが、一部未定の店舗もある。

一方で、今回休業しない店舗では従業員の健康管理の徹底や店内の定期消毒をして営業を継続する。「必要な生活関連用品を求める消費者が大変多い」との判断からだ。

家具販売大手では大塚家具もなんばパークス店(大阪市)と福岡ショールーム(福岡市)を臨時休業している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]