新型コロナ対策で宿泊業団結、新潟・魚沼エリア

2020/4/8 16:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に対して、地方のホテルや旅館は何ができるのか。地域の施設が知恵を持ち寄り、具体策を検討する会議が全国屈指の豪雪地帯・新潟県の魚沼エリアで3月末に開かれた。記録的暖冬と感染症の影響が重なり各施設のダメージは深刻だ。かつてない危機に対して関係者がスクラムを組み、一歩でも前へ進もうと奮闘している。

3月31日、南魚沼市の「ほてる木の芽坂」に同市や湯沢町、津南町などの宿泊施設…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]