介護と闘病と生死、巧みに 北上次郎氏が選ぶ3冊
愛するいのち、いらないいのち 冨士本由紀著

読書
2020/4/9 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

診察室の前で、毛糸の帽子をかぶった20歳くらいの女の子が2人の連れと話している。「でもさ、今、私……これじゃん」と毛糸帽の女の子が指を4本立てる。ステージ4だから今日はケーキを食べると言っているのだ。抗がん剤を点滴した日の帰りに食べるスイーツは自分へのご褒美ということらしい。

そのときヒロインの目から涙がこぼれおちる。その涙を見て、毛糸帽の子が手を伸ばしてきて、ぎゅっと掴(つか)む。私たちの心も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]