中部の中小製造業、5月にも受注枯渇懸念 資金調達急ぐ
新型コロナ・中部の衝撃

2020/4/9 17:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気の先行き懸念から、中部の製造業が相次いで減産に入っている。トヨタ自動車は愛知を含む国内5つの工場で計7ラインを一時停止した。影響はサプライヤーにも広がる。足元は過去に受けた注文で食いつなぐ中小企業も「5月には底をつく」と、資金繰りに危機感を募らせている。

「泣きっ面に蜂だ」。プレス加工の早川工業(岐阜県関市)の大野雅孝社長は落胆を隠さない。150社以上の協力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]