IR巡る署名活動9月に延期 横浜の市民団体、6月に

2020/4/8 20:18
保存
共有
印刷
その他

横浜市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)に反対する市民団体は8日、誘致の是非を問う住民投票を求める署名活動を延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、署名の開始日を24日から9月に延期する。

カジノの是非を決める横浜市民の会が記者会見を開いた(8日、横浜市)

同市にも誘致作業を一旦停止し、新型コロナへの対策に専念してもらうよう求めていく方針という。

「カジノの是非を決める横浜市民の会」が同日記者会見を開いた。同会では署名活動を担う受任者が3万5000人集まったものの、「活動の現場にはお年寄りも多い」として、感染拡大防止を第一に作業の中断を決めた。

一方、市に対しては「カジノは不要不急の作業だ」としてIR誘致作業の中断を求める。

一方、横浜市の林文子市長は同日の定例会見で、2021年に国が自治体の申請を受け付けるとして、「スケジュールを動かすことができない」と指摘。誘致に向けた準備作業を続ける方針を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]