米軍、空母4隻でコロナ感染者、即応体制に揺らぎも

2020/4/8 16:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮】世界に展開する米軍の原子力空母で新型コロナウイルスの感染が相次いでいる。空母セオドア・ルーズベルトでは感染者が200人超に広がり事実上の任務停止に追い込まれ、トーマス・モドリー海軍長官代行が7日辞任した。別の3隻の空母でも感染者が出た。米軍の要である空母の任務が制約されれば、即応体制に揺らぎが生じかねない。

「船員の安全に配慮しつつもできる限り早期にルーズベルトが海に戻れる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]