/

この記事は会員限定です

開催続行で人馬に移動リスク JRAのイメージ悪化も

[有料会員限定]

政府の緊急事態宣言が発効した中で、日本中央競馬会(JRA)は8日、11日以降も無観客での開催続行を決めた。現状の社会全体の雰囲気に照らすと、相当に違和感があるのは確かだ。

地方競馬には、人馬の移動をほぼ伴わずに開催できる小規模場がある。馬も関係者も、競馬場の周囲に集まっているからだが、中央の開催は相当数の人の移動を伴う。11-12日の開催に動員されるJRA職員は、無観客体制でも3競馬場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン