/

ソニー、PS5のコントローラー発表 「触感」訴求

今回発表された「DualSense」

ソニー傘下でゲーム事業を手掛けるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は8日、年末商戦向けに発売を予定する家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)5」のコントローラーを公開した。ゲームへの没入感をより高めるため、ゲーム内での状況や行動に合わせてコントローラーの感触が変化する仕組みだという。他にも、現行のPS4のコントローラーにある「Share」ボタンを「Create」ボタンに強化することも発表、ユーザーが気軽にゲームをプレイする様子を動画サイトやSNSに投稿できるようになる。

8日に発表した声明では、新しいコントローラーはユーザーの「触感」に訴えかける機能を強調したとしている。従来のコントローラーでは、爆破シーンの衝撃を振動で伝えるなどしてきた。振動をより細かく調整できる機能を搭載することで、雨が降っている様子や草むらを歩く状態をコントローラーを通じて体験できるようにする。

他にも、ゲームソフト側でボタンに抵抗力をもたらせるようにすることで、弓を引き絞る感触や、車のアクセルを踏み抜く感触をコントローラーで再現する。

SIEは、これまでのPS5の仕様を公開する中で、ユーザーだけでなくゲーム開発者向けの情報を多く盛り込んできた。背景には、対抗となるマイクロソフトの次世代機発表や米グーグルの参入などがある。ゲームプラットフォームの競争が激しくなる中、ゲーム開発会社へメッセージを届けることでより多くのゲームソフトをPS5で制作してもらう狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン