東北の6地銀、風力発電に協調融資

2020/4/8 13:50
保存
共有
印刷
その他

七十七銀行青森銀行など東北の6地銀は、宮城県加美町で進む風力発電事業に協調融資する。メガバンクではなく、東北の地銀で融資を完結させることで、さらなる再生可能エネルギーの普及につなげる。

再生エネ開発のジャパン・リニューアブル・エナジー(東京・港、JRE)が進める風力発電事業に対し、秋田銀行岩手銀行東邦銀行山形銀行を加えた6行が協調融資する。融資額は非公表だが、JREと交渉などをする七十七銀行が一番多く融資する。

事業は5月にも着工し、4200キロワットの風力発電を10基設ける。商業運転は23年4月に始める予定だ。風力発電によって生まれた電力は再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を通して、全量を東北電力に売電する。

七十七銀行の担当者は「今後も再生エネ事業など幅広い資金ニーズに対応していく」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]