世界の中銀、広がる「日銀化」 新たな政策探る

日銀ウオッチ
コラム(経済・金融)
2020/4/9 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で世界の金融市場が大混乱に陥った3月、各国・地域の中央銀行は政策対応に追われた。政策金利の引き下げ余地が乏しくなり、非伝統的といわれる政策手段を次々と繰り出す姿を見て、「世界の中銀が『日銀化』している」と感じる市場関係者が増えている。

象徴的なのは、かつては高金利国として知られたオーストラリア準備銀行(中央銀行)だ。短期政策金利を0.25%と過去最低水準に下げるととも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]