解体回避、最後の1台のトロバス守れ、ファンが力に

2020/4/8 11:44
保存
共有
印刷
その他

「最後の1台」はファンの力で守る――。北アルプスで長年運行した関電トンネルトロリーバス(愛称トロバス)。2018年に廃止後、始発の扇沢駅があった長野県大町市は車体保存を検討したが費用面で断念し、全て廃車になっていたはずだった。しかし1台が奇跡的に残っていたことが判明。再び保存に取り組むため、市はインターネットで寄付を募るクラウドファンディングに乗り出した。

トロバスは黒部ダム完成の翌年、1964…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]