/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言、小売りなど対応急ぐ 「食品」のみ営業も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、8日から小売り・外食の各社が対応に乗り出した。東京、大阪など7都府県について、生活必需品を販売するスーパーなどは「生活インフラ」として原則、営業を継続。百貨店は多くの店舗で臨時休業する一方、食品売り場のみを営業する店舗もある。自治体側が実際に営業休止を要請するかなどを詰め切れていないなか、企業側には戸惑いもにじむ。

政府は感染拡大防止のため、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン