/

国連、新型コロナでPKO派遣を停止 6月末まで

【ニューヨーク=吉田圭織】国連は7日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、国連平和維持活動(PKO)の帰国や派遣を6月30日まで一時的に停止すると発表した。国連は現時点で西アフリカのマリや中東のレバノンなどで13のPKOを展開しており、世界各国から合計で8万人以上の文民警察などの職員を派遣している。日本も南スーダンに4人を派遣している。

レバノンの国連平和維持活動(PKO)=ロイター

国連は新たな派遣員が感染源にならないための措置だと説明している。カリブ海のハイチでコレラ感染拡大が起きた際、PKOに参加していたネパール部隊が感染源と発覚した過去の事例などを踏まえて取った決断とみられる。

国連のグテレス事務総長は4日、PKOに参加する加盟国宛ての書簡で「感染拡大を抑えるための措置」と支持を呼びかけていた。

PKOは紛争が起きた地域で当事者で停戦合意が成立した後に、再び紛争が発生しないように停戦や選挙の監視の役割を担う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン