訪日客蒸発、観光業に迫る危機 支援融資 時間との闘い
新型コロナ・中部の衝撃

2020/4/8 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの猛威で中部の地方経済が、かつてない危機に直面している。訪日外国人(インバウンド)の蒸発、外出の自粛、けん引役だった製造業の相次ぐ減産――。こうした荒波を真っ先にかぶったのが、観光・サービス業だ。

「ついに出たか」。4月2日、三重県志摩市の旅館を運営する「星たる観光」が経営に行き詰まり破産申請を決めたと伝わると、同市観光協会の関係者は危機感を強めた。負債総額は2億円程度とみられ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]